優秀なフィラリア予防薬

水の入ったグラスと薬

絶対にしなくてはならない

今も昔も多くの人が飼っているペットである犬。
犬や猫は昔から日本で人気があるペットになっており、ペットとして飼える動物が増えた今でも変わらない人気を集めています。
頼りがいのある家族の一員となってくれる犬ですが、共に生活をしようと思ったときに絶対にしなくてはならないことがあります。
犬と共に暮らしている飼い主さんなら、すぐにぴんと来たかもしれませんが、それがフィラリアの予防です。

フィラリアは犬糸状虫という寄生虫が犬の体内に入り込み、心臓や肺動脈に寄生することによって引き起こされる感染症です。
感染初期の頃は症状が現れないという特徴があるため、フィラリアに感染してしまっていてもすぐに気付くことができず、目立った症状が出た頃には既に病気が進行した状態になってしまっています。
症状は特徴的な咳から始まり、運動を嫌がったり、肝機能や腎機能に障害が出たり、腹水やむくみなどになります。
異常に水を飲みたがるなどの症状も含まれており、何の処置もせずに放置していると最終的に死亡してしまうという恐ろしい病気です。
この病気を予防するために必要になってくるのがフィラリア予防薬です。

フィラリア予防薬は日本の場合、カルドメックが最も有名になっています。
ですが、海外ではジェネリック医薬品も含めてたくさんの種類が作られており、飼い主さんがそれぞれ自分が使いやすいと感じるフィラリア予防薬を選ぶことができます。
中でも安全性が高く、高品質で安心して使うことができるのがハートガードプラスという予防薬です。

有名な成分で作られている

ハートガードプラスは日本でも有名なメリアル社で開発されたフィラリア予防薬です。
メリアル社は頼りになるペット用の医薬品を数多く手がけているので、これだけでも安心できるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ハートガードプラスはイベルメクチンとパモ酸ピランテルという二つの成分が配合されています。
どちらも有名な成分ですし、他の動物用医薬品にも使用されていることがあるので名前に聞き覚えがあるかもしれません。
イベルメクチンは線虫のGABAを利用した神経伝達を阻害する作用がある成分で、この作用によってフィラリアの神経伝達を麻痺させ、駆除効果を発揮します。
フィラリアになる前の段階であるミクロフィラリアへの作用は弱いという意見もありますが、しっかり投与を行えば、徐々に数を減らしてくれます。
また、もう一つの成分であるパモ酸ピランテルは犬や猫の回虫や鉤虫などの寄生虫の神経接合部位に作用して寄生虫に痙攣性の麻痺を起こすという作用があります。
こういった働きをする成分も同時に含まれているため、ハートガードプラスはフィラリアと腸管内寄生虫の両方に予防効果を発揮します。
ハートガードプラス以外の予防薬の場合、腸管内寄生虫の予防もしようと思うと寄生虫駆除薬を購入する必要がありますが、ハートガードプラスならその手間がかからないのです。

動物病院以外でも購入可能

ハートガードプラスは日本の愛犬家たちの間でも高く評価されており、犬を飼っている人の中にはハートガードプラスを使用している人もいます。
使用されている成分はどちらも安全性が確立された成分なので、それを使って作られたハートガードプラスは安全性が高いフィラリア予防薬になっています。
安心してフィラリア予防をすることができるようになるため、飼い主さんの中にはハートガードプラスの使用を前向きに考えている人がいるのではないでしょうか。

ハートガードプラスは動物病院で処方してもらうことができますが、動物病院で処方してもらおうとなると価格が高めになってしまいますよね。
予防薬の値段以外にも、診察費なども必要になるので、結果として大きな負担になってしまいます。
ですが、ハートガードプラスは動物病院以外にも個人輸入代行の通販で購入することもできるようになっています。
個人輸入代行の通販なら、安い価格でお得にハートガードプラスを手に入れることも可能です。
飼い主さんがより手に入れやすいと感じる方法を選んで購入することができるので、少しでもハートガードプラスが気になっているという人は、この機会にぜひ切り替えてみませんか?
安全性が高いハートガードプラスを使って、確実にペットのフィラリアを予防しちゃいましょう!