投薬時期を覚えておこう | 安全性が高い予防薬ならハートガードプラス!確実にフィラリアを予防

投薬時期を覚えておこう

粒の小さな錠剤

ハートガードプラスを使ってフィラリアを予防する場合、適切な投薬時期を守ることが大切です。
フィラリア予防薬には共通して投薬時期が決められており、その投薬時期を勘違いしてしまうとハートガードプラスを与えていたのにペットがフィラリアに感染した……なんてことになってしまう可能性もあります。
ハートガードプラスでの予防の確実性をあげるためにも、犬をペットとして飼っている人は、フィラリア予防の時期をしっかり覚えておきましょう。

フィラリアは蚊を媒介して感染する病気なので、蚊が現れ始めてから1ヶ月後の5月頃から姿を見なくなって1ヶ月後の12月までが一般的な予防の時期です。
ですが、現在は地球温暖化の影響もあり、温暖な気候が続いているので蚊の活動期間が伸びてしまっています。
そのため、場合によっては投薬期間を延ばしたりするなどして、対応をしなくてはならない部分があります。
蚊の姿を見なくなったらそこでハートガードプラスの投薬を止めるのではなく、そこからさらに1ヶ月ほど続け、完全に蚊の姿を見なくなってからハートガードプラスの投与を中止するようにしましょう。
ハートガードプラスを投与する際は、投与忘れを防いだり、投与時期の計算をしやすくするためにも、カレンダーに印をつけておくことをオススメします。